人気ブログランキング |

阿佐ヶ谷に花籠部屋があった頃

花籠部屋、閉鎖…力士11人、峰崎部屋に転籍へ (スポーツ報知)

 

栃若時代を築き上げた初代若乃花を擁した先代の花籠部屋は、杉並区阿佐ヶ谷にありました。
現在、日本大学相撲部の合宿所になっています。
若乃花が人気だった頃、杉並区などという東京の西の外れに相撲部屋があるのは珍しかったらしい。
元幕内・大ノ海の花籠親方は、アロハシャツにサングラス姿などという出で立ちで有名だった人。


午後の中央線下り快速電車のいちばん後の車輌が右側が定席で、学校の帰りによく乗り合わせました。
この車輌ではミュンヘン五輪当時日本バレーボール協会会長だった前田豊さん、オペラ歌手の田谷力三さんもよくお見掛けしました。

先日理事長を退任された放駒親方が引退後花籠部屋付きの親方だった頃、紺のブレザー姿で阿佐ヶ谷駅を利用する姿を見かけたこともあります。

2月に急逝した田子ノ浦親方が、まだ高校生か大学入学したての久嶋啓太だった頃の姿も見かけました。
by postdan | 2012-04-12 21:25 | スポーツ情報室
<< 小林幸子:予定してた会見は拒否... 女性セブン「年収5000万円人... >>